内服薬を水やぬるま湯で飲まないと大変なことに!なぜ水やぬるま湯がベストなのか?

内服薬を水やぬるま湯で飲まないと大変なことに!なぜ水やぬるま湯がベストなのか?

薬を水やぬるま湯で飲む理由

1日2回 朝・夕食後服用

お薬は水かぬるま湯で飲んでください

参考:筆者が服用している内服薬注意事項

市販の薬であれ医者から処方された薬であれ内服薬には「いつ飲むか」「どの程度服用するのか」「何で飲むのか」が指定されています。

その中でも「何で飲むのか」はほとんどの場合「水かぬるま湯で飲んでください」と明記されていますが、なぜ水やぬるま湯でないといけないのでしょうか?

私はそこら辺大雑把なので「胃に入って他の食べ物と混じれば何で飲もうが関係ないんじゃね?」と思うのですが、どうやら水やぬるま湯以外ではダメなよう。

ということで、今回は水やぬるま湯で内服薬を飲まなければいけない理由について書いていきたいと思います!

私達が内服薬を使用するとき何らかの効果を期待して飲みます。

例えば血圧の低下、熱の低下、頭痛の軽減、痛み止め…etc。私は花粉症なのでこの時期は鼻水やくしゃみを抑える効果を持った薬を服用しています。

薬が私達の身体に影響を及ぼすためにはカプセルや錠剤がキチンと溶けきり小腸で吸収され、様々な部位に運搬された後正しく機能する必要があります。

その中でもとりわけ重要なのが「溶解・吸収」のプロセスです。どれだけ優秀な薬であっても溶解・吸収して体内に入らなければ素通りして排泄されるだけですからね。

そして内服薬を水やぬるま湯で飲むことはこの「溶解・吸収」プロセスの一助になるのです。

実は薬が小腸に届いた後溶けて吸収されるには周環境が大事で、液体成分である水と一緒に服用すると有効成分がよく溶けだし、また吸収も良くなるらしいのです。特にぬるま湯は効果絶大で体温程度(37℃)の温度の水で服用すると溶解・吸収効率が良いとのこと。

一般的に薬の溶ける速度は温度が高ければ高いほど速いとされており、また量に関しても多ければ多いほど速いとされていますが、沸騰水をお腹いっぱいになるまで飲むことなんて誰にもできませんから常識の範囲内の適量・適温=200CC・37℃で服用するのがベストアンサーです。

また、カプセル薬に関しては少量の水分でベタベタして飲用する時にのどや食道にひっかかりやすくなります。この状態で溶けてしまえば効果は激減、またカプセルや錠剤の成分によっては粘膜層に障害を与え潰瘍や出血を引き起こすこともあります。

ということで内服薬を水やぬるま湯で飲まなければならない理由は「溶解と吸収を良くし、粘膜にダメージを与えないようにするため」が正解になります。

反対に水以外で服用すると有効成分の効果を阻害したり逆に意図せぬ方向に増強させてしまうこともあります。その中でも代表的なものを紹介しましょう。

薬に影響を及ぼす飲み物

牛乳

カルシウムやタンパク質を豊富に含む牛乳は、薬との相互作用を引き起こしやすいです。

特にカルシウムは薬の有効成分と結合しやすく、吸収を弱めることがあります。

また、牛乳のpHも薬に影響を及ぼします。腸で溶けて吸収される薬は胃の中で胃酸を影響を受けて溶け切らないように細工されていますが、牛乳のpHは5~7なのでこの細工が解かれて腸に辿り着く前に溶けてしまうことがあります。

以上の理由で牛乳は薬の効果を低下させることがよくあります。

ジュース

ジュースによって効果はまちまちですが、特にグレープフルーツジュースは内服薬の効果を増強します。

薬を分解する酵素の1つにCYP3A4というものがありますが、この働きをグレープフルーツジュースが阻害するためです。

スポーツ飲料水や硬度の高い水

スポーツ飲料水や硬度の高い水はミネラル(金属成分)を多量に含んでいるため、薬の有効成分と結合しやすく吸収を低下させ、効果を弱めます。

炭酸飲料水

(メーカーやモノによって幅があるものの)炭酸飲料水はpHが酸性寄りです。

これでは小腸に辿り着く前に薬が溶けてしまい、効果が弱くなります。

コーヒーやお茶

コーヒーやお茶に含まれるカフェインが薬の効果を増強したり弱めたりします。

カフェインは眠気を覚ます覚醒作用や利尿効果を持っていますが、これが薬の効果と一部重複することがあるためです。

鎮咳去痰薬(せき止め)に配合されているテオフィリンやアミノフィリンは、カフェインと同じ系統の成分であるため、カフェインを多く含む飲み物と一緒に飲むと作用が強く出てしまい、不眠やふるえ、吐き気などを引き起こします(禁忌に相当)。

(引用:薬はなぜ水で飲まないといけないのか)

正しい飲み方をしないと意図せぬところで副作用が出たり、効果が弱くなったりしてしまうようですね。

   関連記事はこちらから

http://whattodo-onlife.com/2019/04/26/post-2436/

http://whattodo-onlife.com/2019/02/08/post-2076/

http://whattodo-onlife.com/2019/01/29/post-1995/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする