元微生物学徒がお勧めするカロリーメイト処方箋!食べてわかった効果

元微生物学徒がお勧めするカロリーメイト処方箋!食べてわかった効果

コンビニエンスストアの一角を占領する黄色いパッケージに黒いロゴでおなじみのカロリーメイト。

1983年の発売以来30年以上もの間、日夜頑張る人々のパートナーとして愛されている存在です。

栄養補助食品」の名の通り、3大栄養素である糖質、タンパク質、脂質に加えて日本人が普段不足しがちなビタミンやミネラル類を総合的に含んでいるのが特徴です。

それもそのはず、もとは宇宙食のコンセプトである「必要な栄養素が入っていて、消化吸収もよく、かさばらないコンパクトなもの」を前提に作られ、それに着目した大塚製薬が経口栄養食として考案したものなのですから当然です。

昔も今も多忙な日本人にとって、ご飯を呑気に食べている暇などありません。また、食生活が変わってしまったことでバランス良く栄養を摂ることも難しくなりました。

そんな今のライフスタイルにピッタリとフィットした食品こそがカロリーメイトなのです。

そんな筆者もカロリーメイト愛食者です。むしろ、筆者こそがカロリーメイトに愛されているといっても過言ではないでしょう。

私達のいきさつを語るにはそれこそ10年前の受験戦争から回想に入る必要があるのですが、そんな時間はないので割愛させていただきます笑

今回は筆者が最近コンビニ弁当に浮気してたら体調が悪くなってたんですが、カロリーメイト食に戻したところいろいろ体が改善されてきたので、改めてカロリーメイトの素晴らしさを説こうと思って記事を起こしました。

ですが、この記事はあくまでも

※個人の感想です

「お前よぉ、カロリーメイト食べてもただ美味しいだけじゃねぇかモグモグ」

とか恫喝されても筆者は知らぬ存ぜぬで貫き通します。それでもよい方だけ、どうぞ!

カロリーメイトの栄養素

さて、まずはカロリーメイトの素晴らしさを説くためにカロリーメイトの栄養素について見ていきましょう。

栄養補助食品の先駆け商品として知られるカロリーメイトさんは3大栄養素の他に11種類のビタミンと6種類のミネラルが含まれています。

これがカロリーメイトの最大の特徴なのです。

いまや世紀の飽食時代を迎えた今、消費者が求めているのはカロリーをただただ増長させるだけの糖質、タンパク質、脂質ではありません。

いろいろな栄養素、特に日常生活で不足しがちなビタミンミネラルを消費者は求めています。

カロリーメイトはこの点、非常に優れています。

なんと1パック(4本入)で1日に必要なビタミンやミネラルの半分を摂取できるのです!

とは言っても、数字で示してくれないとわかりづらいですよね。うんうん、わかります。その気持ち。カロリーメイトに信仰がないと何でも疑心暗鬼に陥っちゃうんですよね。

ということで、厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」と「今日買ったカロリーメイトパッケージの裏面」のデータからカロリーメイト1本でどれくらいの栄養素が補えるのか表にまとめてみました!

①:1日に必要な栄養摂取量(男女別)

②:カロリーメイト1本にどのくらいの栄養が含まれているか

③:カロリーメイト1本で1日に必要な栄養の内、どれくらいを摂取できるか(百分率)

注目してほしいのは③です。

③ではカロリーメイト1本で1日に必要な栄養の内、どれくらい摂取できるかを百分率で示した数値が入っています。

上記でも少し触れましたが、カロリーメイトはビタミンやミネラルがたくさん含まれています。

特にビタミン類は1本で約10%余りが摂取できますので、1パック(4本入)を食べれば40%余り、つまり1パック食べるだけで1日に必要なビタミンの内、半分を補給できる計算になっているのです。

他にもカルシウムや鉄のミネラル類も程よく含まれていて、同じく1パック(4本入)で1日に必要なミネラルの内、10%-40%程度を補給できる計算になっています。

1パック(4本入)で1日に必要なビタミンやミネラルが補給できるというのは嘘ではないんですね!

ですが、この表を見ても

「なんだ、すごいのはビタミンだけか」

と思われた読者もいるかと思います。まだまだ青いですね笑

カロリーメイトは飽くまでも「栄養補助食品」であり、これだけを食べて生活するのは大塚製薬様もすすめていません。飽くまでも「補助」なのです。

しかし、普段の食事に+αで食べるだでこれだけの栄養を摂取できたらどう思いますか?

素晴らしいと思いませんか?いや、素晴らしいでしょ!

ということで、カロリーメイトにはたくさんのビタミンとミネラルが含まれていて、バランス良く栄養を補給できることがおわかりいただけたでしょうか?

はい、次に行きましょー!

筆者はカロリーメイトを食べて体調が良くなった

はい、これが書きたくて記事を起こしたんですね。

こんな素晴らしいカロリーメイトを食べてたらそりゃ体調も良くなるだろうと誰でもわかることなのですが、恐れ多いことに私はカロリーメイト様の加護も忘れてコンビニ弁当に走ってしまったわけですね。

コンビニ弁当のCMではとってもクリーンでホスピタリティ溢れるシーンばかりで盛られていますが、絶対に実情は違うでしょう。

人の健康を食い物にした悪魔とその配下であるマシーン君がせこせこせこせこ、毎日お金儲けをしようと企んでいるに違いありません(個人の感想です)。

私はそんな邪教に片足を突っ込んでしまった、嗚呼お許しくださいカロリーメイト神…。

邪教の呪いは日に日に私の身体を苦しめました。

具体的に言うと、お通じとニキビで悩んでいたのです。

四捨五入したらアラサーに入る私にとって、この身体への猛攻はとても辛かったです。

なんかいつもお腹はぽっこりしてますし、なかなか出ないし、この年でニキビとか恥ずかしいし、自然治癒力も落ちてるから痕に残りやすいし…

まじで踏んだり蹴ったりでした。…が、カロリーメイト食を始めてからはみるみる復調していったのです。

1日に2回は出るようになったし、1ヵ月単位でしかニキビも出来なくなりました!

(個人の感想です)

見事に復調のタイミングが弁当食からカロリーメイト食に切り替えた時期と一致するので、カロリーメイト神の加護だと思われます。疑いがありません。

ではなぜ、カロリーメイトでここまで持ち直したのか?

ちょっと真面目に語りましょう。

栄養はバランスよく摂って始めて意味がある

皆さんは栄養を考えるにあたって、どんなイメージで栄養を摂取していますか?

よく昔から言われるのは「バランスよく食べよう」ですが、これにはちゃんとした理由があるのです。

これは「ドベネックの桶理論」でよく例えられます。

(引用:ブルーベリーサプリ 基本のサプリ)

桶は木の板を何枚も組み合わせて作った木のタライです。

桶を構成する木の1枚1枚はどこかがはがれていたり、短かったりすると水が漏れてしまい、水をくみ上げることはできなくなります。

その1枚1枚の木の板を栄養に見立てとき、どこか1枚、板の短いところがある(つまり不足した栄養)と、体全体がその1番短い板までしか栄養をうまく扱えなことを桶を使って説明したものを「ドベネックの桶理論」と呼びます。

これが「食事はバランスよく食べよう」と言われる根拠です。昔の人達も直感的にこのことがわかっていたんですね。

さて、きっと私はこのドベネックの桶によって体調を崩していたんだと思います。

お弁当はカロリー高めで脂質やタンパク質こそ採れますが、反面ビタミンやミネラルは採れません。

筆者自身野菜とか嫌いだから食べないし…。

まあそんなこんなことやってたからドベネックの桶によって身体がやられたんでしょうね。

ですが、カロリーメイト食を始めてからは身体環境が一変します。

ビタミンやミネラルを多く含むカロリーメイト神の加護によってドベネックの桶の板がせりあがってきたのです。

これによって、筆者の身体の最低水準が引きあがったことによってお通じやニキビが良くなったものだと推測されます。

さすがカロリーメイト。いいぞカロリーメイト。もっとやれカロリーメイト。

皆の健康を支えるんだ、カロリーメイト。

そしてありがとう、カロリーメイト。

この素晴らしさ、是非とも皆さんと共有してみたいです。

ということで、一緒にカロリーメイト食べませんか?(業者の回し者ではありません)

ということで、今回はカロリーメイト神を信仰する一信仰者としてカロリーメイトをプッシュした記事を作ってみましたが、どうでしたでしょうか?

お弁当とは違って自分の好みの味だけで栄養を摂取できますし、保存もききます。

ここらでちょっと自分の身体を見直してみませんか?

ということで、しめたいと思います。

ではまた!

   関連記事はこちらから

http://whattodo-onlife.com/2018/12/01/post-985/

http://whattodo-onlife.com/2018/12/27/post-1633/

http://whattodo-onlife.com/2018/11/20/893/

   この記事を読んだアナタにおすすめの商品

私の10日分の昼食です。まる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする