涙腺の緩い人間はキレイ好き!?乙女の純情で細菌をやっつけろ!

涙腺の緩い人間はキレイ好き!?乙女の純情で細菌をやっつけろ!

人はいろんな場面で涙を流します。

ヒューマンドラマ、人情物、ラブストーリーetc…

心の琴線は人それぞれですが、それに触れた途端ついつい涙腺が緩んじゃう経験は皆さんおありだと思います

また、涙は乙女の純情でもあり、女性の涙に弱い男は数知れません(偏見笑)

さて、そんな涙に実は溶菌効果があることを知っていたでしょうか?

今回は防菌と溶菌効果の観点から乙女の純情を観察していきたいと思います。

ちなみに筆者が直近で涙腺が緩んだのは「プーと大人になった僕」です。

涙について

まずは涙について詳しく見てきましょう。

涙の分泌量は2-3cc/日、成分は98%が水分で他にタンパク質やリン酸塩が含まれています。

原料は血液で、血液中の血球成分(赤血球や白血球など)を取り除いたものが涙になります。

こういった点では母乳や汗と通ずるものがありますね。

通常ヒト以外の生物では、外界からの刺激に応じて反射的に涙が出ような仕組みになっています。

ヒトは外界からの物理刺激だけでなく、“感情”という身の内に内包された情報からも涙が誘発されます。

涙を流すスイッチが入ると上まぶたの外側にある涙腺から涙が分泌され、目の表面を流れ通った後に涙点を経て、喉から吸収されます。

涙点から吸収される量より分泌する量が大きくなると、涙が目から溢れ出てしまいます。これが涙が出る仕組みです。

涙は眼を保護する能力があり、事実ドライアイの方は眼表面の傷が多くなる傾向があります。

眼の保護は物理的保護の化学的保護の2種類に分けることができます。

それぞれ見ていきましょう。

物理的保護

眼の表面は常時涙による潤いで、ホコリやチリから保護されています。

1日に2-3ccしか分泌されませんが、瞬きによって薄く延ばしています。

ここにホコリやチリが入ると液体に絡め取られ、そうして古くなった涙は涙点から回収されます。

ドライアイの方で風の強い日は眼が辛いとよくお聞きします。

これは風によって巻き上げられたゴミが眼の表面を傷つけてしまうことで反射的に涙が出てしまうためです。

ドライアイは視力低下を招く恐れもあるので、個人的には受診をおすすめします。

化学的保護

涙にはリゾチームと呼ばれる溶菌性酵素が含まれています。

リゾチームは細菌の細胞壁の主成分であるペプチドグリカンを加水分解する機能を持っています。

もっと詳しく言えばペプチドグリカンを構成する2種類の糖鎖、N-アセチルムラミン酸とN-アセチルグルコサミン間のβ-1,4結合を破壊することで、細胞壁の分解を行います。

細菌を含めて細胞は外部の浸透圧というものにとても敏感です。

細胞壁が存在していた場合は水のような低張液中でも細菌は水を吸収して大きく膨らんでも、細胞壁が最後の砦となって破裂(溶菌といいます)することはありません

対して、細胞壁が存在しない場合は低張液中の細菌は水を吸収して大きく膨らんでも、細胞壁がないので破裂するまで大きくなります

このメカニズムによってリゾチームは溶菌効果を示しています。

眼は外部に露出している唯一の器官です。

通常私達と細菌の攻防戦の最前線となっているのは皮膚表面です。皮膚があることで、細菌の侵入を物理的にブロックしています。

しかし、眼には皮膚がありません。

よって、涙という水を主成分にした保護戦略で眼を保護しているというワケなんですね。

涙を流す行為はリラックス効果もあると聞いたことがあります。

読者の皆さんも恥ずかしがらずにどんどん涙を流していきましょう!

ではまた!

   関連記事はこちらから

http://whattodo-onlife.com/2018/09/28/post-653/

http://whattodo-onlife.com/2018/10/24/post-767/

http://whattodo-onlife.com/2018/10/10/post-722/

http://whattodo-onlife.com/2018/09/20/post-625/

   この記事を読んだアナタにおすすめの商品

とろみ=保湿力です!!

涙が出づらくてかわき目になりやすい方は目へのダメージが防げないので、視力が落ちやすい傾向にあります。

点眼薬で予防しておくと安心ですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする