親不知で痛い思いをした人必見!私達の口を脅かす“ピエロの靴”とは

親不知で痛い思いをした人必見!私達の口を脅かす“ピエロの靴”とは

-そこには絶望と恐怖が蔓延していた-

と言うことで今回は親知らずの話を書いていこうかと思っています!

親知らずの話をすると抜歯の経験のある皆さんは大抵嫌な顔をします笑

親知らずが生えていない、もしくは問題となっていない人たちからは「何がそんなに大変なんだろう?」と怪訝に感じられるかもしれませんが、親知らずはほんとうに大変です。

生え方によっては通常の歯科医院では手に負えなくなるレベルのものまであって、頬を裂いてからの抜歯となるケースにまで至ることもあります。

さて、まずは親知らずとは何ぞや?から見ていきましょう。

親知らずとは

親知らずは正式名称を「第三大臼歯」と言い、最前方の前歯から数えて8個目の一番奥に陣取って生えてくる永久歯のことです。

(生えてるか確認してみましょう!)

永久歯のほとんどはおおむね思春期までには全て生え揃うのですが、親知らずだけは10代後半-20代前半に生えてきます。

「歯茎の奥がズキズキ痛むんだけど…」と痛みや違和感を感じて歯科医院に行くと親知らずのせいだったという話はよく聞く話ですよね。

親の手のかからない年齢に生えてくることから親“知らず”という名称がつけられました。

親知らずって抜いた方がいいの?

親知らずが生えてきて抜歯すべきかどうか迷っている方が散見されます。

どうやらお話を聞いてみると

「友人から聞くとすごい痛みだって」

「顔が腫れるのがいやだ」

「小顔効果とかあるって聞くんだけど」

と、事情は様々です。

詳しい話は歯科のWebサイトや健康サイトを見ればわかる話なのですが、私も親知らず4本所有者として抜歯した方がいいケースをちょこっと紹介します。

親知らずを抜いた方がいいケースは大概の場合“親知らずが悪さをする”場合に限ります。悪さをしないのに抜く理由はそんなにありません。

では、親知らずが悪さをする時ってどんな時でしょう?

親知らずが歯並びに悪影響を与えている

親知らずが正常に生えてこない時によくみられます。

親知らずが傾斜して生えてくると手前(7番目)の歯を押し上げるように生えてくるので、奥歯の歯並びが悪くなります。

かみ合わせが悪くなることで口内粘膜を傷つける

咬合が悪くなることで歯茎や粘膜を噛んでしまい、口全体を傷つけてしまいます。

親知らずが虫歯になる

親知らずはいちばん奥にある歯なので歯ブラシが届きにくく、虫歯になりやすいです。

一度虫歯の歯ができるとそこから伝播していくので7番目の歯も一緒に欠落する可能性が出てきます。

このように親知らずが手前の歯や口腔内の衛生状態に著しく悪影響を与える、もしくは悪影響を与える可能性がある場合は抜歯をおすすめされることがあります。

親知らずの抜歯は通常の抜歯とは異なり、ひどい痛みや腫れを伴う場合があります。

お医者さんとよく相談してから決めましょう。

恐怖!ピエロの靴でプチ手術

さて、ではなぜ親知らずの抜歯は大変なのでしょうか?

親知らずは皆が皆生えているワケではないので痛みが発生して初めて気づくことによる知覚の遅さも挙げれるでしょうし、逆さまに生えて顎の骨の中に埋没して摘出するのに手間がかかることも挙げられるでしょうし、一番奥ということで物理的スペースが確保できずにお医者様のテクニックが発揮されるという点も挙げられるでしょう。

ですが、今回は表題にある“ピエロの靴”を紹介していきたいと思います。

(このピエロの靴はネットで検索してもなかなか出てこないローカルな言葉です。過去、そういった表現をする講義から拝借させていただきました)

ピエロの靴と言えばお馴染み、先端がフックのように折れ曲がっているコミカルな形が特徴的だと思われます。

これが親知らずとどう関係してくるのでしょうか?

はい、どん!

(引用:引きこもり、不登校、鬱病から復活する歯列矯正 05)

見て貰ったら一目瞭然ですが、先端がピエロの靴と同様にれ曲がっているのがわかると思います。

通常、真っすぐに生えていたら上から縦向きのベクトルで引っ張ればスポンと抜けますが、この状態の歯は中でひっかかってまず抜けません。

また、先端だけがポキンと折れてしまった場合は歯が歯茎の中に残ってしまう可能性まであります。

これを避けるためにも無理なく、できるだけ力をかけずにこの鬼門を潜り抜けないといけません。

では、どうするのか?

歯を割り、歯茎の切開部分をさらに広げます

歯を割ることでフックの向きが揃ったところだけを余計な力をかけずに抜くか、そもそもひっかからないように歯茎をさらにメスで切り開くことで解決します。いや、させます。

ですが、この治療は困難を極め、時間を必要とします。

抜歯後の痛みは治療時間と相関関係にあるので、ピエロの靴がある場合は痛みを覚悟しておいた方がいいでしょう。

(抜歯前にレントゲンで抜歯予定は立てますが、調査方向や影によっては見逃す場合があります。そうなると切り開いて初めてわかることもあります)

脅すようで申し訳ないのですが、あまりにも重症だった場合は治療そのままに救急車で大病院に運ばれて再治療というコンボまで決められることもあります。

私もこのピエロの靴の体験者でして、いままで2本抜きました(抜歯は上下いっぺんに抜くことが通常です)が、どちらもピエロの靴でした。

片方は10分程度でしたが、もう片方は30分もの攻防戦の末、何とか勝利を収めました。

治療後に水で口を濯いだら真っ赤なのにはびっくりしました

ピエロの靴の恐怖、おわかりいただけたでしょうか?笑

さて、親知らずの抜歯は口の中の衛生状態をクリーンに保つだけでなく、スペアとしてのストックできたり、小顔効果も期待できます。

これを期に皆さんも親知らずについて少し理解を深めていきませんか?

ではまた!

   関連記事はこちらから

http://whattodo-onlife.com/2018/12/01/post-985/

http://whattodo-onlife.com/2018/11/13/post-865/

http://whattodo-onlife.com/2018/10/17/post-748/

http://whattodo-onlife.com/2018/10/11/post-731/

   この記事を読んだアナタにおすすめの商品

奥の奥まで磨ける電動歯ブラシの紹介です。

なぜわざわざ高い電動歯ブラシをおすすめするのか?

答えは簡単です。

手では磨き残しができるから

です。また、力の加減も難しいからでもあります。

歯ブラシの効果を最大限に発揮するためには約150g程度の力で磨くのがよいとされていますが、いちいち気にしたことないですよね?

ふつうはそうです笑

ということで全部オートでやってくれる電動歯ブラシをおすすめします。

特に親知らずは一番奥ということもあって磨き残しからの虫歯、周りの歯の抜歯というコンボに陥りやすいです。

親知らずだけでなく、その他の歯も抜けたら嫌ですよね?きっと、美味しく食べれくなりますしね…

ということでちょっと高めでも電動歯ブラシをおすすめします。

長期的な視点が考えれば病院代も浮きますし、非常にコスパに優れていると私は感じます。

ぜひどうぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする