海の生き物の中で1番大きい動物は何?生態も紹介!

海の生き物の中で1番大きい動物は何?生態も紹介!

地球上にはいろんな動物がいますが、一番目を引くのはやはり“大きさ”でしょう!

その超ビッグな姿にはただただ唖然とするばかりです。

今回はそんなビッグな動物を各フィールド毎に紹介していきたいと思います!

男の子って「何が一番強いか」とか「何が一番大きいか」とか「何が一番毒が強いか」とか競う系大好きですよね。私もです

今回は海編です

さて、海中で一番大きな動物は何を隠そう、あの動物!

そう、シロナガスクジラです!

ということで、まずはシロナガスクジラから見ていきましょう!

シロナガスクジラについて

プロフィール

英語名 Fin whale
体長 20-34m
体重 80-190t
寿命 100-120年
生息域 全海域に生息していて、回遊して過ごします
主食 オキアミ

シロナガスクジラこれまで地球上に存在していた動物の中でも最大の動物だと言われています。

英語では blue whale の名で親しまれていますが、日本では江戸時代から長身で海上に浮かび上がる際に白く見えることから「白長須鯨」と呼ばれてきました。

ほんとうに巨大としか言いようがない動物で、絵本で例えるならこんな感じです

(引用:シロナガスクジラより大きいものっているの? )

若干、ライオンとゾウの顔ひきつってませんか?笑

少なくとも浮力の恩恵を受けることのできない陸上動物では敵いっこありません。最強サメの話題で出てくるメガロドンや首長竜でさえ、シロナガスクジラには敵わないんですから。

ここまで大きくなると、身体以外もビッグスケールです。

捕食量とカロリー

シロナガスクジラの一生はオキアミを捕食するためにあると言っていいでしょう。

構造だけでなく生態自体もオキアミの捕食に特化していて、ほとんどの個体が夏はオキアミが豊富な北極海・南極海まで回遊します

ちなみに冬は繁殖のために熱帯・亜熱帯まで回遊します

シロナガスクジラには歯はありませんが、鯨鬚と呼ばれる1枚70cmにも及ぶ構造器官で、オキアミをこしとるようにして捕食します

ドローンで撮影されたシロナガスクジラの捕食シーンです

動画はこちら。自然界の豪胆さにただただ圧倒されるばかりです

鬚板は左右それぞれ300枚程度が上顎の下側外縁に沿ってついています。

シロナガスクジラの上顎と下顎は軟骨という柔らかい組織で繋がっているので、10m近く口を開けることができます。

この中に海水ごとオキアミをさらって、鬚板で“こして”食べています

その量、なんと1日にして約4トン!

さて、オキアミは最大で体長6cm、体重2gまで成長します。

4t食べるということは数にすると最低でも2百万匹ですね。

オキアミのカロリーは100gで93.9kcalですから、シロナガスクジラは1日に3756000kcal摂取していることになります。

いや、ビッグすぎてわかんねぇよ!!

成人の摂取カロリーは1,800kcal~2,200kcal/日ですから、平均して2,000kcalで考えて成人1707人が1日に摂取するカロリーをシロナガスクジラは摂取していることになります。

育児

哺乳類の出産はすべからく、赤ん坊がそれなりの大きさになってから始まります。

シロナガスクジラもそこは同じです。それなりの大きさになると出産を始めます。

(妊娠期間はヒトとそう変わりがありません。およそ10ヶ月-12ヶ月くらいです)

ただ、その“それなり”の感覚が他の動物とはかけ離れています。

その大きさ、出産直後ですでに体長7.5m、体重2tです。

シロナガスクジラは群れで行動する動物ではありませんが、出産してからは成体になるまで付かず離れずで赤ん坊と一緒に回遊します

(天敵となるシャチから赤ん坊を守るためでもあります)

授乳期間は7ヶ月-9ヶ月ほどで、その間に1日に400-600リットルのお乳を飲みます。

カロリーもあるので、シロナガスクジラの赤ん坊は1日にして

体長:4cm増

体重:90kg増

で日に日に大きくなっていきます。親元を離れる頃にはすっかり身体つきも成体らしくなって、オキアミをメインとした食生活に推移していきます。

最大の鳴き声

シロナガスクジラは実は私たちヒトと同じように会話をしてコミュニケーションを図っています。

しかし、そのスケールがビッグです。なにせ、太平洋含めてでっかい海域に住んでいるものですから、おいそれとすれ違うことはありません。

よって、シロナガスクジラは大きな声で会話をすることにしました

その大きさ、なんと180ホン

ジェット機のエンジン音ですら130ホンですから、どれだけ大きな声で鳴いているか想像がつくと思います。

この声で数百km先の個体と会話をするそうです。

(なんて会話してるんでしょうね?)

ちなみに音の高さは10-39ヘルツです。過去に52ヘルツの周波数を出すシロナガスクジラの個体が発見されて“世界でもっとも孤独な鯨”として有名になったこともありました。

シロナガスクジラはとっても有名な動物で、調べると次々とひっきりなしに出てくるので基本事項だけさらっと書いていきました!

ではまた!

   関連記事はこちらから

http://whattodo-onlife.com/2018/08/22/post-436/

http://whattodo-onlife.com/2018/08/23/post-443/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする