転職活動Part.8【2018年6月上旬頃】

転職活動Part.8【2018年6月上旬頃】

CASE.8 皆に質の高い睡眠をお届けする夢ベッドさん

8回目に挑戦させてもらったのは、睡眠負債を抱える忙しい現代人に質の高い睡眠をお届けしようと奮闘する夢ベッドさんです

転職活動自体は2月の下旬から始めていたので、この時点で燃え尽きラインである3ヶ月を突破していました。

ということで、実は5月下旬に転職活動自体を既に諦めていたのですが、伝家の宝刀パソナキャリアさんからオファーされたので、これをトリに飾ろうと挑戦した次第です。

前回の企業さんを最後にするのはネタとしては面白いかも知れないが、マジな目線でみるとアリエナイ。というか、日本のために潰れてほしい

古くからある企業さんみたいでベッド業界3位と、意外と身近な会社です。海外とも提携しているみたいで「サータ」というブランドを聞けばもしかしたらピンと来る方もいるかもしれませんね。

近年中に株式一部上場を目指して奮闘しているそうですが、今回の募集はそんな株式一部上場+定年退職によってできた穴埋めということで総務関連の枠で1枠募集しているという経緯でした。

総務関連と言っても

・新卒、中途採用。採用計画立案

もありましたので、(福利厚生含め)ここで働いてみたいなと思えました。

事実、一部上場を目指しているだけあってネット上でも特筆すべき変な事例は聞かなかったので比較的安心はできたました。

ただ、年齢層が高く20-30代は1人もいないとのことだったので、欠員補充と言っても経験者優遇なのは受ける前から感じ取れました。

第二新卒歓迎は(経験年数をひっくり返すほどに優秀な)第二新卒歓迎という意味で、額面通り受け取ると痛い目を見ることにあうというのはここまで戦いきった私にとってはたやすいことだった

最後ということで面接準備も久々に力を入れ、パソナキャリアさんの面接練習もしました。対応、ありがとうございました。ナマ言って申し訳なかったです笑

全部で3回の面接でした

1次面接:不合格

面接は16:00~17:00という一1時間枠で行われました。

1対3で相手の年齢は40-50と聞いていた通り、年齢層が高かったのが部屋に入った時の第1印象です。

古い企業の古株ばかりの面接でパソナキャリアさんからは「真面目な人が多いですよ」とお聞きしていたので、お堅い雰囲気で面接が進むかと思われたが、結構和やか?柔らか?(人の機微はどう表現すればいいのかよくわからない)な雰囲気で進んでいきました。

まあ、これが最後ということで素を前面に出して面接を行ったのも要因の1つかもしれません。相手の求める人物像にはめた自分なんて演じてもボロが出るのは目に見えていることですし

事前練習が必要ないくらいにトントンと話が進んでいったが、我を前面に出しすぎたせいか

・真面目で融通のきかない性格

・総務というより人事に興味あり

という2点の印象を持たれたみたいでそこら辺適正含めて根堀り葉堀り聞かれました。というより、これが80%を占めてました

話の流れで、人事職に対する思いを語ったら好評だったのか

「うんうん、若いうちはこれくらい熱がないとねー」

とのお言葉を頂きました。つたない話し方なのに汲み取ってくださってありがとうございます。

ほんとうは会社の有する4資産の中心は人であるという話から人をマネジメントすることによって得られる利益と防げる損失を語り、次は今の労働人口減少の中人を流出させないための取り組みについて語ろうと思ったのですが、人前で話すにはまだまだ自分の中で未消化のままでした。お恥ずかしい限りです。

真面目で融通のきかない性格は最後まで拭われることはありませんでした。というより、ルールや法令を遵守して何が悪いのかまったくもってわからないのですが…。

総務は各部門間の折衷期間の役割も担っているので、柔軟な対応が求められるのもわかりますが、会社全体をスリム化していくのであればルールや規定作りをしないと時間の浪費に繋がりますよ。

あと、「新卒採用してるけど、なかなか人が集まらない」とかで結構県外にも出張して人を集めているみたいですが、これも少し見直した方がいいかと思います。

HP上で拝見させてもらった限り年単位での採用人数は少ないので、大学とのパイプ作りなど“固定化された母集団”を形成することにフォーカスを置いた方がコスパには優れるかと思います。

結果としては落ちましたが、これでよかったのかなという印象です。

自分を出し切ってこの結果なら文句はないです。落ちた理由も「性格の不一致」みたいな感じでしたし、それがどこまで本当かわからないですが、まあいいんじゃないでしょうか。

音楽性の不一致で解散する音楽グループと同じ

と、いうことでこれでぼくの転職活動はめでたく幕を閉じるのでした。

転職活動なんて簡単だと思っていましたが、失敗して随分落ち込んだのを未だによく覚えています。

関連した記事

転職活動Part.7【2018年5月下旬頃】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする